パートなどがいる会社に使える助成金 社員の定着促進に使える助成金

キャリアアップ助成金(諸手当制度等共通化コース)

更新日:

キャリアアップ助成金(諸手当制度等共通化コース)とはどんな助成金?

キャリアアップ助成金(諸手当等共通化コース)とは、有期契約労働者(契約社員)やパートタイマーの人を対象とした次の制度を新しく導入した場合に支給されます。

  1. 正社員と共通の賞与・家族手当・住宅手当・退職金制度を設けて、支給する。
  2. 契約社員・パートを対象とした雇入れ時の健康診断・定期健康診断(ただし、勤務時間は正社員の4分の3以上の人は除きます。)、契約社員・パートを対象とした人間ドックなどの制度を導入して、延べ4人以上の人に実施する。

こんな会社におすすめです。

  • パート・アルバイトにボーナスを支払うことを考えているところ
  • 現在ある手当をパート・アルバイトにも広げようと考えているところ
  • パート・アルバイトに健康診断や人間ドックを実施しようと考えているところ

助成金額はいくら?

(1)1人目の対象者
通常 生産性要件を満たした場合
38万円 48万円
(2)2人目以降の加算(但し、健康診断の実施の場合は除きます。)
通常 生産性要件を満たした場合
15,000円/1人 18,000円/1人
(3)2つ以上の手当を共通化した場合の加算(こちらは健康診断の実施も対象になります。)
通常 生産性要件を満たした場合
16万円/1手当 19万2000円/1手当

助成金をもらうための手順は?

1.賃金規定の作成・見直し

2.キャリアアップ計画の提出

3.制度を規定した就業規則・賃金規定を監督署に提出
制度の運用開始

4.6か月経過

5.6か月目の給与の支払い

6.支給申請

7.支給決定

助成金の申請に必要な書類は?

(1)キャリアアップ計画提出時
  • キャリアアップ計画
(2)支給申請時
  • 支給申請書
  • 支給要件確認申立書
  • 支払方法・受取人住所届
  • キャリアアップ計画書
  • 就業規則・賃金規定
  • 雇用契約書
  • 賃金台帳
  • タイムカード、出勤簿
  • 登記簿謄本、事業所確認票
  • 積立金等が確認できる書類または積立金等を対象労働者に通知していることが確認できる書類(退職金制度を導入する場合)
  • 健康診断を実施した機関の領収書(健康診断制度の導入の場合)
  • その他

申請を委託する場合の費用

(1)就業規則を作成する場合
就業規則作成費用 助成金申請報酬
顧問契約がある場合 20万円 10%
顧問契約がない場合 20万円 20%
(2)就業規則の見直しをする場合
就業規則見直し費用 助成金申請報酬
顧問契約がある場合 0円 10%
顧問契約がない場合 10万円 20%

-パートなどがいる会社に使える助成金, 社員の定着促進に使える助成金

Copyright© 中小企業のための助成金ガイド , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.