労働環境の改善に使える助成金 新しく採用する場合に使える助成金 社員の定着促進に使える助成金

人材確保等支援助成金(働き方改革コース)

投稿日:

 人材確保等支援助成金(働き方改革コース)とはどんな助成金

人材確保等支援助成金(働き方改革コース)とは働き方改革に取り組むうえで、従業員を採用する必要性が出てきたときに、新たに採用をし、一定の雇用間管理改善を図るのを支援する助成金です。
なお、この助成金は時間外労働等改善助成金(時間外労働上限設定コース勤務間インターバル導入コース職場意識改善コース)の支給を受けていることが必要ですので、 人材確保等支援助成金(働き方改革コース) の活用を考えている企業は、こちらの助成金の申請を先にしてください。

こんな会社におすすめです。 

  1. 時間外労働の削減を進めている会社
  2. 教育訓練休暇、病気休暇など有給の特別休暇の導入を検討している会社
  3. 勤務インターバル制度の導入を考えている会社
  4. 時間外労働等改善助成金(時間外労働上限設定コース,勤務間インターバルコース,職場意識改善コース)の支給を直近に受けた会社
  5. 従業員の採用を考えている企業

助成金額はいくら?

(1)計画達成助成

  1. 正社員(週30時間以上)の場合 : 1人につき60万円
  2. 短時間労働者の場合 : 1人につき40万円

 ただし、10名が上限です。

(2)目標達成助成

目標達成助成は、計画開始3年後に、労働生産性を6%以上向上させ、なおかつ、離職率の目標を達成した場合に支給されます。

  1. 正社員(週30時間以上)の場合 : 1人につき15万円
  2. 短時間労働者の場合  : 1人につき10万円

助成金をもらうための手順は?

1. 時間外労働削減助成金の要件となる行為の実施

2.雇用管理改善計画の作成

雇用管理改善計画の提出

新しく社員を雇い入れる

雇用管理改善計画の実施

計画達成助成の支給申請

3年経過

目標達成助成の支給申請

支給申請に必要な書類は

(1)雇用管理改善計画届の提出

  1. 雇用管理改善計画書
  2. 雇用管理改善計画の概要票
  3. 事業所確認票
  4. 時間外労働等改善助成金決定通知書
  5. 登記簿謄本
  6. 財務諸表(損益計算書・貸借対照表)
  7. 社会保険の適用事業所であることを証明する書類
  8. 賃金台帳
  9. その他

(2)計画達成助成の支給申請

  1. 支給申請書
  2. 事業所確認票
  3. 雇用管理計画の概要票
  4. 雇用管理改善計画の対象労働者名簿
  5. 雇用契約書・労働条件通知書
  6. 賃金台帳・給与明細
  7. 出勤簿・タイムカード
  8. 雇用保険の離職証明書(退職者がいる場合。)
  9. 支給要件確認申立書
  10. 時間外労働等改善助成金支給決定通知書(計画時に提出していない場合。)
  11. その他

(3)目標達成助成の支給申請

  1. 支給申請書
  2. 事業所確認票
  3. 生産性要件確認シート
  4. 支給要件確認申立書
  5. その他

申請を委託する際の費用

  報酬額
顧問契約がある場合 助成金の10%
顧問契約がない場合 助成金の20%

-労働環境の改善に使える助成金, 新しく採用する場合に使える助成金, 社員の定着促進に使える助成金

Copyright© 中小企業のための助成金ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.