Q&A

キャリアアップ助成金の賃金アップってどうやって計算すればいいの?

投稿日:

Q キャリアアップ助成金(正社員化コース)の要件の中に、転換後の給与を転換前と比べて5%アップさせることというのがありますが、その計算はどのようにすればいいのでしょうか?

A  キャリアアップ助成金(正社員化コース)の要件の一つに、「転換後6か月間の賃金が転換前6か月間の賃金と比較して5%以上アップしていること。」という要件がありますが、基本的には、それぞれ6か月間に支払った賃金の合計を1時間あたりにして比較して、5%アップしているかどうかを確認します。詳しくは次を参考にしてください。

(1)正社員になる前後で労働時間・賃金形態に変化がない場合

正社員になる前もフルタイムの月給制で、正社員になった後もフルタイムの月給制である。という場合は、正社員になる前の6か月間に支払った賃金の合計を6か月で割った金額と、正社員になった後の6か月間に支払った賃金の合計を6か月で割った金額を比較して5%以上アップしていることが必要になります。

(例1) 1)転換前 : 月給20万円
     2)転換後 : 月給25万円

1)転換前6か月間の給与の合計 : 20万円×6か月=120万円
2)転換後6か月間の給与の合計 : 25万円×6か月=150万円

転換前と転換後の比較
(150万円ー120万円)÷120万円×100=25%

この場合、5%以上、転換前より賃金が上がっていますので要件を満たしています。

(2)正社員になる前後で労働時間・賃金形態に変化があった場合

例えば、時給のパートタイマーを月給の正社員にしたといった場合のように、正社員になる前後で勤務時間などが変わっている場合は、正社員になる前後6か月間に支払われた給与を1時間あたりに直して比較します。

(例2)1)転換前 1日5時間、月20日勤務、時給1,000円
    2)転換後 1日8時間、月20日勤務、月給22万円

1)
転換前6か月分の給与の合計 : 1,000円×5時間×20日×6か月=600,000円
転換前6か月間の所定労働時間 : 5時間×20日×6か月=600時間
1時間当たりの給与 : 600,000円÷600時間=1000円 

2)
転換後6か月間の給与の合計 : 250,000円×6か月=1,500,000円
転換前6か月間の所定労働時間 : 8時間×20日×6か月=960時間
1時間当たりの給与 : 1,500,000円÷960時間=1,562円

転換前と転換後の比較
(1,562円ー1,000円)÷1,000円×100=56.2%

この場合、5%以上転換前より賃金が上がっていますので、要件を満たしております。

-Q&A

Copyright© 中小企業のための助成金ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.