パートなどがいる会社に使える助成金 雇用環境の改善に使える助成金

キャリアアップ助成金(正社員化コース)

投稿日:

キャリアアップ助成金(正社員化コース)とはどんな助成金?

契約社員やパート等を制度を設けた上で、次のような社員に転換した場合に支給される助成金です。(ただし、賃金を転換前と比べて5%以上アップさせる必要があります。)

  1. 契約社員やパート等を正社員(勤務地限定正社員、職務限定正社員、短時間正社員を含む。以下同じ)にした場合
  2. 契約社員や期間の定めのあるパート等を期間の定めのない社員・パート等(以下無期契約社員・パート等とする)にした場合
  3. 無期契約社員・パート等(ただし、正社員は除く。)を正社員にした場合

こんな会社におすすめです。

  • 契約社員・パート・アルバイトの中に正社員にしたいと思う社員がいる会社
  • 長期間働いているパート・アルバイトがいる会社
  • 社員を採用する際に、適性などを見る期間が欲しいと思っている会社

助成金額はいくら?

(1)基本
転換の方法 通常の金額(1人につき) 生産性要件を満たす場合の金額(1人につき)
有期契約から正社員へ 57万円 72万円
有期契約から無期契約へ 28万5千円 36万円
無期契約から正社員へ 28万5千円 36万円
(2)各種加算

次のようなケースには基本の助成金額に加算されます。

加算金額
有期契約から正社員へ 有期契約から無期契約へ 無期契約から正社員へ
派遣労働者を直接雇用した場合 28万5千円(36万円) 28万5千円(36万円)
母子家庭の母または父子家庭の父を転換した場合 95,000円(12万円) 47,500円(60,000円) 47,500円(60,000円)
勤務地・職務限定正社員を新たに作った上で適用した場合 95,000円(12万円) 95,000円(12万円)

( )内は生産性要件を満たした場合の金額です。

助成金をもらうための手順は?

1. 就業規則の作成・見直し作業・提出

2. キャリアアップ計画の作成・提出

3.パート・契約社員等を正社員に転換

4.転換した日から6か月経過

5、6か月目の給与を支払う

6.支給申請

7.支給決定

助成金の申請に必要な書類は?

(1)キャリアアップ計画書提出時
  • キャリアアップ計画書
(2)支給申請時
  • 支給申請書
  • 支給要件確認申立書
  • 提出済みのキャリアアップ計画書
  • 就業規則
  • 雇用契約書(転換前と後の分、両方必要です。)
  • 賃金台帳
  • タイムカード・出勤簿
  • 登記簿謄本(個人の場合は事業所確認票)
  • 母子手帳など(対象者が母子家庭の母、父子家庭の父の場合)

申請を委託する場合の費用

(1)就業規則を作成する場合
就業規則作成費用 助成金申請報酬
顧問契約がある場合 20万円 10%
顧問契約がない場合 20万円 20%
(2)就業規則の見直しをする場合
就業規則見直し費用 助成金申請報酬
顧問契約がある場合 0円 10%
顧問契約がない場合 10万円 20%

-パートなどがいる会社に使える助成金, 雇用環境の改善に使える助成金

Copyright© 中小企業のための助成金ガイド , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.