研修の実施に使える助成金

人材開発支援助成金(中高年齢者雇用型訓練)

投稿日:

人材開発支援助成金(中高年齢者雇用型訓練)とはどんな助成金?

人材開発支援助成金(認定実習併用職業訓練)とは、新しく採用した45歳以上の社員または正社員に転換した45歳以上の社員に対し、OJTとOFF-JTを組み合わせた研修計画を作成し、その研修を受けさせた会社に対し支給される助成金です。対象業種により次の2種類があります。

こんな会社におすすめです。

  • 新規採用を行っている会社
  • 新入社員研修を定期的に行っている会社

助成金額はいくら?

(1)経費に対する助成

研修にかかった費用に表1の助成率を掛けます。(ただし、表2のように研修時間に応じて上限額が決まっております。)

(表1)

通常の助成金額 生産性要件を満たした場合
通常 45% 60%
セルフキャリアドック導入済み 60% 75%

(表2)上限額 *1人当たりの金額

研修の時間 上限額
20時間以上100時間未満 15万円
100時間以上200時間未満 30万円
200時間以上 50万円
(2)給与に対する助成
通常の助成金額 生産性要件を満たした場合
OFF-JTの実施時間 760円/時間 960円/時間
OJTの実施時間 665円/時間 840円/時間

助成金をもらうための手順は?

1.研修計画の作成

3.訓練計画届の提出

4.研修の開始

5.研修の終了

6.支給申請

7.支給決定

助成金の申請に必要な書類は?

(1)訓練計画届提出時
  • 訓練計画届
  • 年間職業能力開発計画
  • 訓練別の対象者一覧
  • 事前確認書
  • 登記簿謄本・事業所確認票
  • 研修カリキュラム
  • OFF-JTの講師要件を確認する書類
  • 受講者の雇用契約書
  • 認定実習併用職業訓練の実施計画認定通知書
  • OJT訓練のカリキュラム
  • ジョブカード様式1
  • ジョブカード様式2
  • ジョブカード様式3-3-1-1
  • 就業規則(セルフキャリアドック制度導入による割増を希望するとき)
(2)支給申請時
  • 支給申請書
  • 支給要件確認申立書
  • 支払方法・受取人住所届
  • 賃金助成及び実施助成の内訳
  • 経費助成の内訳
  • 訓練実施状況報告書
  • 出勤簿・タイムカード
  • 賃金台帳
  • 就業規則、変形労働時間制の労使協定、シフト表(シフト制を取っている場合は必須)
  • 研修費用に関する領収書、通帳の写し、振込通知書
  • OJT実施状況報告書
  • ジョブカード様式3-3-1-1(評価シート)
  • その他

申請を委託する場合の費用

(1)セルフキャリアドックを導入しない場合
助成金申請報酬
顧問契約がある場合 10%(ただし、最低料金10,000円)
顧問契約がない場合 20%(ただし、最低料金10,000円)
(2)就業規則を作成してセルフキャリアドックを導入する場合
就業規則作成費用 助成金申請報酬
顧問契約がある場合 20万円 10%(ただし、最低料金10,000円)
顧問契約がない場合 20万円 20%(ただし、最低料金10,000円)
(3)就業規則を見直してセルフキャリアドックを導入する場合
就業規則見直し費用 助成金申請報酬
顧問契約がある場合 0円 10%(ただし、最低料金10,000円)
顧問契約がない場合 10万円 20%(ただし、最低料金10,000円)

-研修の実施に使える助成金

Copyright© 中小企業のための助成金ガイド , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.