新しく採用する場合に使える助成金

特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者コース)

投稿日:

特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者コース)とはどんな助成金?

特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者コース)とは、60歳以上の高年齢者、障害者、母(父)子家庭の親など、就職が難しいとされる方々をハローワークの紹介により、採用した場合にもらえる助成金です。
(ハローワーク以外からの採用は原則としてこの助成金の対象にはなりませんのご注意願います。)

こういう会社におすすめです。

次の方をハローワークを通して新たに採用し、雇用している会社

  1. 60歳以上65歳までの人
  2. 身体障がい者、知的障がい者、精神障がい者
  3. 母子家庭の母、父子家庭の父
  4. その他、就職が難しいと思われる方(詳しくはお問い合わせください。)

 助成金額はいくら?

(1)短時間労働者以外
対象労働者 金額 受給方法
高年齢者、母子家庭の母、父子家庭の父 60万円 30万円×2回
身体・知的障がい者 120万円 30万円×4回
重度障がい者、45歳以上の障がい者、精神障がい者 240万円 40万円×6回
(2)短時間労働者
対象労働者 金額 受給方法
高年齢者、母子家庭の母、父子家庭の父 40万円 20万円×2回
障がい者 80万円 20万円×4回

* 1回の期間は、6か月です。(6か月ごとの申請になります。)

助成金をもらう手順は?

ハローワークへ求人を出す

ハローワークの紹介状を持っている対象者を採用する

雇用後、6か月経過

申請

助成金の受給

雇用後1年を経過

申請(2回目)

助成金の受給(2回目)

助成金の申請に必要な書類

  • 支給申請書
  • 対象労働者雇用状況等申立書
  • タイムカードまたは出勤簿(各期間の分)
  • 賃金台帳、給与明細(各期間の分)
  • 雇用契約書、労働条件通知書
  • 登記簿謄本
  • 就業規則
  • 運転免許証のコピー、住民票(60歳以上の人の場合)
  • 障碍者手帳(障がい者の場合)
  • 児童手当証書、母子手帳(母子家庭の母、父子家庭の父の場合)

助成金の申請を委託する場合の費用

金額
顧問契約をしている場合 助成金額の10%
顧問契約をしていない場合 助成金額の20%

-新しく採用する場合に使える助成金

Copyright© 中小企業のための助成金ガイド , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.