協定書について

協定書には次の内容が記入されている必要があります。

(1)休業の場合

1.休業の期間
当該期間の始期および終期並びにその期間における休業の日数
2.休業の対象となる労働者の範囲
休業の期間において、休業を実施する部門、工場等の別、およびそれぞれの部門等において休業の対象となる労働者の概数
3.休業手当の支払の基準
休業手当の額の算定方法等(休業手当の日額が計算できるように、算式を用いるなどして給与規定に基づき具体的に協定すること

(2)教育訓練の場合

1.教育訓練の実施主体
2.教育訓練の実施施設
3.教育訓練の内容
当該教育訓練の科目またはカリキュラム、および学科、実技の例
4.教育訓練の期間
当該期間の始期および終期並びにその期間における教育訓練の日数
教育訓練の指導員(講師)の所属、役職、氏名
5.休業の対象となる労働者の範囲
教育訓練の期間において、休業を実施する部門、工場等の別、およびそれぞれの部門等において教育訓練の対象となる労働者の概数
6.休業手当の支払の基準
休業手当の額の算定方法等(受講日の日額が計算できるように、算式を用いるなどして給与規定に基づき具体的に協定すること)

(3)出向の場合

1.出向先事務所の名称、所在地、および事業の種類ならびに事業主の氏名
2.出向の実施予定時期及び出向予定期間
出向実施の始期および終期並びに出向労働者の出向予定期間
3.出向労働者の範囲、出向労働者の概数
4.出向期間中、出向終了後の処遇
雇用関係、賃金その他の労働条件(賃金については出向期間中の賃金が計算できるように、給与規定の条文を準用するなど具体的に協定すること)
このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン