セルフ・キャリアドック制度について

キャリア形成促進助成金の中にはセルフ・キャリアドックという制度の利用を勧めているものがあります。
(さらにその一部については助成金支給の要件になっております。)

セルフ・キャリアドック制度というのは、定期的にキャリアコンサルティングを実施することをいい、
それを就業規則などで規定されていることをいいます。
キャリアコンサルティングの実施の費用を会社が負担する必要があります。

ただし、、キャリア形成促進助成金(セルフ・キャリアドック制度導入)の支給を受けるためには
基本的に次の条件を満たした制度を導入する必要があります。

  1. (ジョブカードが作成できる)キャリアコンサルタントが実施するものであること
  2. 個別面談の形式で実施されるものであること
  3. キャリアコンサルティングの経費の全額を会社が負担していること
  4. 全ての労働者に対して、職業能力の開発などに効果的と思える節目において、キャリアコンサルティングを実施する計画を作成していること
  5. キャリアコンサルティングの際にジョブカードを活用していること
このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン