中小企業両立支援助成金(休業中能力アップコース)

中小企業両立支援助成金(休業中能力アップコース)は、育児休業または介護休業を取得している従業員の休業終了後の職場復帰を円滑にするために職場復帰プログラムを規定した上で、育児または介護休業取得者の能力の開発・向上を行う場合に会社に対して助成されるものです。

(注意)4/1

この助成金は廃止されることになっております。
現在、この助成金の対象となるのは
平成26年3月31日までに育児休業又は介護休業を開始し、かつ、
平成26年9月30日までにその休業を終了する人
が対象になります。

それ以外で育児休業をされる方で研修などの受講を考えている方はキャリア形成促進助成金(育休中・復職後等能力アップコース)をご利用ください。

(助成される金額)

1.プログラム別の支給額

プログラム 支給単位 支給単価 支給限度
在宅講習 1月あたり 9,000円 12ヶ月
職場環境適応研修 1日あたり 4,000円 12日
(各月1日)
職場復帰直前講習 1日あたり 5,000円 12日
職場復帰直後講習 1日あたり 5,000円 12日

 

  • 職場復帰直前講習と職場復帰直後講習の両方を実施した場合は、両方を合算して3日以上実施したものについては支給対象になります。
  • 職場環境適応研修と職場復帰直前講習の両方を実施した場合は、職場復帰直前講習を実施した月における職場環境適応研修は対象になりません。

2.職場復帰プログラム開発作成費

休業取得者1人当たり13,000円
(情報提供を行った場合は、1人当たり20,000円)

(支給限度額)

休業取得者1人当たり21万円

3.・女性の活躍促進のための目標値を定め、公表し、達成した場合、1企業につき5万円加算されます。
(但し、1企業1回のみ)

(助成金をもらうまでの流れ)

職場復帰プログラムの作成

就業規則などに、職場復帰プログラム・育児・介護休業を規定

当該就業規則を労働基準監督署へ提出

社員のうち育児・介護休業を取得するものが現れる

職場復帰プログラムの実施(職場復帰後の実施する場合もあります。)

育児・介護休業の修了

育児・介護休業終了後、1ヶ月経過

支給申請

助成金の支給

(申請代行の報酬)

助成金単独で申し込みの場合 助成金額の20%
セットプランをお申し込みの場合 助成金額の10%

なお、この助成金は就業規則の変更・新規作成が必要になります。その費用は別途必要になりますのでご了承願います。

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン