対象となる研修とは

中小企業両立支援助成金(継続就業支援コース期間雇用者継続就業支援コース)の対象となる研修は次の通りです。(全てに該当する必要があります。)

  1. 管理職等を含むすべての雇用保険被保険者が受講していること。なお、研修の都合上やむをえない事情で出席できなかったものに対しては研修の資料と議事録を配布するなどフォローしていること
  2. 事務所の育児休業制度、育児のための短時間勤務制度その他職業生活と家庭生活の両立を支援するための制度の内容の理解と利用促進のための説明を実施するもので、以下の内容を含み、研修時間は2時間以上あること
    ・ 事務所の育児休業制度の説明、育児休業中等における待遇、休業後における賃金、配置、その他労働条件に関する説明
    ・ 制度の申出等具体的な手続きの方法
  3. 支給申請日までの過去1年間に1回以上開催したこと。なお、研修を複数回に分割して実施せざるを得ない場合でも、各回が最低1時間以上実施されている必要があること。
このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン