継続就業支援コースの対象となる企業

中小企業両立支援助成金(継続就業支援コース)の対象となる企業は次の通りです。

  1. 常時雇用する労働者の数が100人以下である
  2. 育児休業取得者を、育児休業終了後に原職等に復帰させる旨の取り扱いを、申請予定の労働者の復帰より前に、就業規則等に規定している
  3. 育児休業制度、育児のための短時間勤務制度そのた職業生活と家庭生活の両立を支援するための制度の内容の理解と利用促進のための研修を実施している
  4. 雇用する被保険者であって、初めて育児休業を終了した労働者が平成23年10月1日以降に出た
  5. 申請予定の育児休業者について、平成25年3月31日までに育児休業を終了し、原職等に復帰している
  6. 雇用する労働者に、連続して6ヶ月以上の育児休業を取得させ、かつ、2.に規定に基づき原職等に復帰している
  7. 5.の該当者を、原職等復帰後(子供が1歳になっても休業している場合は子供の1歳の誕生日)、引き続き雇用保険の被保険者として、1年以上雇用しており、さらに支給申請日においても雇用している
  8. 育児休業の制度および育児のための短時間勤務制度を就業規則などで規定している
  9. 一般事業主行動計画を策定し、その旨を都道府県労働局長へ届出している。また、その策定した一般事業主行動計画を公表し、従業員に周知している
  10. 申請予定の労働者について「両立支援助成金(子育て期短時間勤務支援助成金)」を受給していない。
このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン