助成金の対象となる保育施設

設置運営しようとする事業所内託児施設(保育所など)が事業所内保育施設設置・運営等支援助成金の対象となるためには次の条件が必要です。

(1)施設の規模

乳幼児の定員が6名以上

(2)設備(建物・部屋)に関する条件

  1. 1人当たりの面積は次の通りであること
    乳児室:1.65㎡以上
    保育室:1.98㎡以上(注)建物が合築などの場合は玄関、廊下などの共用スペースについては持分に応じて積算し、室内の規模に加算することが出来ます。
  2. 乳児室は、保育室など他の区画と壁、パーティションその他有効なフェンスなどにより区画され、かつ乳幼児が自ら容易に入室できない構造であること
  3. 乳児室・保育室は採光、換気が確保されていること
  4. 便所には手洗い施設があり、乳児室、保育室、調理室と壁で区画されていること
  5. 便所の数はおおむね幼児20人以上につき1つ以上あること
  6. 消防用具、非常口(通常の出入り口とは別に設置されていること)、その他非常災害に必要な設備が設けられていること

* 乳児室、保育室を2階以上に設置する場合は次の条件も必要です

  1. 乳幼児の転落事故を防止する施設を設けるなど児童福祉施設最低基準などの要件に適合すること
  2. 乳児室、保育室を4階以上に設けるときの避難用屋外階段について、自治体が条例を定めている場合は条例の定めに適合していること

* 安静室を設ける場合は次の条件も必要です。

  1. 乳幼児の安静が保たれるように乳児室、保育室と区画されていること
  2. 体調不良を起こした乳幼児が2人以上横になることができ、1人当たりの面積が原則として1.98㎡以上あること
  3. 寝具などを用意し、救急医薬品を備えていること

(3)施設の設置場所に関する条件

継続的利用を見込める施設で、次のいずれかに設置されていることが条件です。

  1. 事業所の施設内
  2. 事業所の近接地
  3. 従業員の通勤経路(駅ビル、駅に近接するビル、通勤経路の便利な場所)
  4. 従業員の住居地の近接地(社宅、団地など)

(4)運営に関する条件

1.保育士の配置

保育士の人数は、入所している乳幼児数に応じて次の人数が必要になります。
ただし、常時2人以上は必ず配置されていなければなりません。

乳児 おおむね3人につき、保育士1人以上
満1歳以上満3歳に満たない幼児 おおむね6人につき、保育士1人以上
満3歳以上満4歳に満たない幼児 おおむね20人につき、保育士1人以上
満4歳以上の幼児 おおむね30人につき、保育士1人以上

2.医療機関との協力体制

緊急事態に迅速・適切に対応できるように医療機関との協力関係が確保されていることが必要です。

3.専任の看護師の配置(体調不良児対応型施設を運営する場合

安静室にはすべての運営時間に、体調不良児の看護ができる専任の看護師1人が必ず配置されていることが必要です。

(4)その他の条件

  1. 助成金の支給を受けた事業所内保育施設で、学童保育(小学生の保育)を行うことはできません。
  2. 地域の子供を預かる認可外保育施設を開設するために保育施設を設置するような場合は助成金を利用することは出来ません
  3. 雇用する従業員の利用条件に就業形態、雇用形態、職種などによる制限をもうけないこと
  4. 0歳から小学校入学前までの子の全部または一部について利用できるものであること
  5. 保育時間は、利用する従業員勤務時間を勘案して設置し、利用しやすいものであること
  6. 利用者から保育料を徴収する場合は、保育内容に照らし、地域の他の施設と比べて著しく高額でないこと
このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン